表皮一体

表皮一体イメージ

表皮一体成型といわれている成型方法で、【表皮を金型に真空で密着】→【芯材をセット】→【原料を注入】という工程で編制されています。表皮(レザー)・芯材・クッションが一体になった製品を成型する事ができ、組み付ける際に縫製をする必要がない為、雨水や消毒水などがクッションにしみ込むことが無くなります。
一体成型の製品はフォークリフト用シート・シート・二輪用シート・農機器用シート・医療機器用シートなどに幅広く採用されています。

表皮一体製品

123
Page Top